Fasciaとは

サスティナブルに生きて、
はたらく。

セルフケアという、全く新しい
筋膜リリースのかたち。
筋膜リリースのある毎日が、都会でチャレンジし
続けるあなたの夢を実現のものにする。

VISION

WHY 筋膜リリースセルフケアボール?

  • ”座り過ぎ”は喫煙以上のカラダへの負担?

    現代日本人の心身の悩みといえば、肩こりや腰痛などのカラダのコリ、またストレス過多による自律神経の乱れです。特に近年ではビジネスパーソンの”座り過ぎ”による不調が顕著。日本人成人の1日平均の総座位時間は8~9時間程度で、これは世界20カ国の成人との比較でなんと最長。
    そのカラダへの負担は喫煙以上とも言われています。

    そう、働き盛りの私たち現代日本人は、慢性的な「血行不良」「酸素不足」なのです。

  • 筋肉・筋膜をゆるめて自律神経を整える

    そのために私たちが確信をもって提供するベストな方法は、今世界中から注目を浴びまた科学的にもその効果が立証されている、筋膜リリースボールを使った筋膜リリースです。
    筋肉や筋膜をリリースする(ゆるめてその癒着をはがす)ことにより、カラダに再び血液の流れを作り出すとともに、深い呼吸を呼び戻し自律神経を整えます。

  • 自分らしく生きるための健康なカラダ

    更には”セルフケア”の重要性です。サスティブナブルに働くため、また自分らしく生きるためには健康的なカラダを作ることが必要不可欠であると気づき始めた人が増えています。

    更には”セルフケア”の重要性です。サスティブナブルに働くため、また自分らしく生きるためには健康的なカラダを作ることが必要不可欠であると気づき始めた人が増えています。

PLOFILE

一般社団法人 日本筋膜リリース協会代表

新田 美穂 / 聡美

会社員時代、これからの日本人に必要なのは”この先ずっと楽しく、自分らしく頑張り続けられる健康な心身を手に入れることだ”ということに気付いたことをきっかけに退職し、姉妹でNYへ。健康の本場、アメリカNYでヨガ、瞑想、キネシオロジー、自己改革のメソッドに触れた後、帰国後に独立しヨガクラスを提供する。2014年にはアジア最大級のヨガフェスタで講師を務める。
10,000人以上の身体と向き合う中で、筋膜リリースの技術と出会い、長年の構想を経て大手国内ゴムメーカーと筋膜リリース専用のセルフケアボールの開発に成功。独自の筋膜リリースメソッド(特許申請中)を考案し、代理店制度を開始。

「会社や国に頼ることができないこれからの時代に、筋膜リリースセルフケアは“真の美と健康”をひとりひとりが自分で実現する“自立”のメソッドです。あなたとあなたの大切な人が100年健康で、そして自立したその人らしい人生を歩むために、この健康と癒しのメソッドは必要不可欠です。
そんな未来を、あなたと一緒に作り出せることを楽しみにしています。」

東京都港区東麻布 SSAB(ザブ)整骨院 院長

インストラクター養成講座解剖学担当講師

美田 壮一朗

幼少よりスキーに打ち込み、競技者、インストラクターとして、北海道、新潟、海外 ニュージーランド、カナダでスキー指 導に勤しむ。
体育教諭であった当時 監督 指導法に感 銘を受け、同時期に膝に怪我を負ったことをきっかけで柔道整復師を目指す。
現在 整体院、整骨院で培った経験 をもとに、独自 治療法で数多 患者 健康と向き合って いる。
2018年都内一等地である麻布十番に整骨院を構え、 多く 人々 心身 健康増進に寄与している。

筋膜という言葉を聞いたことがありますか?私たちの体内をボディスーツのように包んでいる組織のことで「蜘蛛の巣状の組織」とも言われています。本来は「弾性に富んでいて柔軟で、みずみずしく、滑りが良い」のですが、長時間同じ姿勢でいることが多い私たち現代人は、筋膜が「癒着」することにより血流やリンパの流れが滞りがちです。
筋膜リリース技術は、この筋膜にアプローチし癒着をはがすことにより、「真の美と健康をつくりだす」今世界中で注目されている新技術です。

“筋膜”にアプローチすることで、たった5分のリリースでコリを改善!

従来のストレッチやヨガでもカラダをほぐすことはもちろん可能ですが、突然のストレッチやヨガは逆にカラダに負担をかけてしまうこともあります。

筋膜リリースは別名「筋膜はがし」とも言われ、癒着した筋膜をリリース(解放)し血液やリンパの流れを改善する方法です。誰でも簡単に、安全に、そして確実に筋膜リリースができる「筋膜リリース専用のセルフケアボール」の独自開発に日本で初めて成功しました。

筋膜リリース専用のボールを使った筋膜リリース(特許申請中)は、適度な大きさとグリップ力で、癒着を起こし動きづらさや痛みを発信している箇所にピンポイントでアプローチすることが可能です。

また自分の体重を使い、ほぼ寝たままできるので安全。心身ともにリラックスした状態のリリースできるのも忙しい現代人にとって嬉しいポイントです。

持ち運びもできるのでオフィスや旅行先やジムにも持参しやすく、どこでも筋膜リリースをすることができます。

CONTACT

  • 〒104-0016 東京都中央区銀座6-13-16
    銀座Wallビル UCF 501
  • 050-3637-5679
  • info@fascia.tokyo