本当にしたいこと、本当は必要なもの、見えていますか?

本当にしたいこと、本当は必要なもの、見えていますか?

2018年3月21日

~筋膜リリースセルフケアを続けることは、曇りガラスを磨いていく作業

相も変わらず、日々の全てが筋膜リリースに繋がる日々を過ごしていますが、

最近読んだ本『頭にきてもアホとは戦うな!』もまた、繋がりました。

”筋膜リリースセルフケアを通して、

日本のみなさんが、よりあなたらしく、生きやすくなるお手伝いをする”

という、私たちが”目指すもの”とも一致したので、シェアさせていただきますね。

わかっちゃいるけど、他人の目が気になってしまう

色々考えているうちに、いつしか自分のことが一番わからなくなってしまう

そんな真面目で繊細な日本のみなさんにとって、何か良きキッカケになれば、とても嬉しいです。

まず、本の中で気になったのはこの内容。

神経をすり減らさないための第一のポイントは、自分にもっと関心を持つことだ。

そもそもに本日は他人に興味があり過ぎる。

お互いが他人に関心を持っていて相互監視社会のように感じるときさえある。

他人ばかり気にしていたら、自分と向き合う時間がなくなってしまう。

これからは、自分が本当に何をしたいのか?

そのために何が必要なのか?

そっちに専念した方がいい。

それがわかれば、他人のことを気にする暇なんてないことがわかる。』

激しく同感。

私たち姉妹が、2012年に会社を辞めてNYへヨガ修行に行った際、最も衝撃を受けたことの1つこそ、
ニューヨーカーの生き方
でした。

通りすがりの他人でも、目が合えば微笑み、たまにはウィンクまで飛んでくる。

店員さんも、仰々しくなくラフでまるでお友達のように接してくれる。

切符の買い方に迷っていれば、当たり前のように声をかけて助けてくれる。

NYマナーとズレたことをしたら、すぐにアドバイスくれる。

良い意味で個人主義。

自分の個性を愛し、自分の感性を大事に人生を無駄な我慢なくその人らしく生きている。

だからこそ、人の個性も尊重する。

ある意味他人と身内の境がなく、温かい。
でもある意味個人主義で自分のことは自分で考えるというクールな一面もある。
“自分”がしっかり見えていないと、孤独感に襲われるだろうなとも感じました。
そんなエネルギーに感銘を受け、日本人に必要なのは、「これだ!この自由な感覚だ!」と感じたことを今でも鮮明に覚えています。
何故なら、何を隠そう、私たちこそがそれまでニューヨーカーとは真逆の人生を送り、生きづらさを感じていた張本人だったので。
「何がしたい?」
と、聞かれても、今ある環境や家族、友人や世間体がどうしても気になり、
あれやこれやと考えているうちに、何がしたくて、何が嫌なのかさえもわからなくなってしまう…
何をするにも、どう思われるか、嫌われないかがどうしても気になってしまう…
自分の人生なんだから、そんなこと気にする必要ない。

そうわかっているはずなのに、抜け出せないループに入り込んでしまうような日々を過ごしていました。

そして、そんな過去を持つ私たちは、帰国後から5年間に渡って

“”日本人がより楽に、より自由に、その人らしく、生きやすくなるための手助けをする””

という信念に従ってヨガクラスを開催してきました。

どうすれば一番響くのか、みなさんに届くのか。。試行錯誤を繰り返し続けてきました。

そしてやっと、1つの結論にたどり着いたのです。

それが、

まずは、カラダをゆるめることが必要なんだ。

リラックスこそ、全てのスタートなんだ。

というもの。

・過去の経験

・親からの教育

・情報

・知識

・学校教育………….etc…………

↑これら全てがあって、今のあなたがいます。

これらのお陰で、今のあなたがいます。

でも、もし、

人目が気になってなかなか動けない

あれやこれや考えて、迷いや思考が止まらない

モヤモヤした気持ちが晴れない

そんな感覚があるのなら、そろそろ、あなたに蓄積されたそれらの中から、

今、そしてこれからのあなたには、手放(リリース)してよいものがあるのではないでしょうか。

でも、、、

 

一体何を手放せばいいの?

どうしたらいいのかわからない。。。

そんな気持ちもよく、よーくわかります。

すべてが蓄積されているのもあなたの中。

答えを知っているのもあなただけ。

だからこそ、

そんなときこそ、

 

まずはカラダをゆるめ、リラックスすることが第一優先事項なのです。

真面目に考えて、悩んでいる方のカラダは緊張し、強張っています。

コリや疲れを抱えたまま、真に自由な新たなスタート、新たな一歩は踏み出せません。

優しくて、他人の意見を尊重するあなたのカラダはパンパンでキャパオーバー状態と言えます。

カラダはココロより素直で正直な存在です。

あなたの答えが埋まっている内側をみるためには、その器(外側)にあるカラダをリリースし、ゆるめることはとても大切な第一ステップなのです。

だからこそ、筋膜リリースセルフケアのクラスでは、

がんばらない、ほぼ寝たまま、薄暗く人の目を気にしせず、じっくり自分を向き合える環境を整えております。

クラスでは、あなたが頑張って生きてきた分だけ時間をかけて、少しずつ曇ってきたガラスを磨くように、丁寧にカラダをゆるめていきます。

クリアになったガラスから、見えてくる世界、感じる感覚、浮かび上がる感情を感じてみませんか?

今こそ、この春こそ、あなたらしい日々をスタートさせたい、そんな気持ちがある方は是非、筋膜リリースセルフケアをご体験ください。

 

お待ちしています。

CONTACT

  • 〒104-0016 東京都中央区銀座6-13-16
    銀座Wallビル UCF 501
  • 050-3637-5679
  • info@fascia.tokyo