あなたは何のために働きますか?

あなたは何のために働きますか?

2018年3月10日

あなたの、本当の幸せは何ですか?

「凄くよかった!!毎週観たい!!!」

一足先に現在上映中の映画『グレイテスト ショーマン』を観た姉(美穂)から猛烈プッシュがあったので、早速観てきました!

 

結論、確かに良かった!!

※これから見る方にとってはネタバレになってしまうので詳しくは書きませんね

 

観終わって感じたことは、

 

(人それぞれ残るところって違うんだろうなぁ。

そしてそれが、その人の今を象徴しているんだよなぁ。)

 

という想い。

姉の美穂は、Facebookでも熱く語っていましたが、

「映画の中で流れる唄のFrom Now On(これからは…)と言う希望に満ちた歌詞」

が響きまくっていたとのこと。

以下、姉の投稿、載せますね。

【なんのために、はたらき、生きるのか】
開始5分から涙が止まらず、ザックエフロンに恋をしたのは、言うまでもない。

多くの人が、
これまでの自分、
これまでの働き方、
これまでの生き方では、
もうダメなのだとわかり始めている、
今だからこそ。

映画で繰り返しでてきた、
〝from now on…〟今からここからは、

なんのために、はたらき、生きるのか?

自問自答の答えはたぶん、ここにある。
また観よう!

この↑投稿を読んで、

私たち姉妹はどれだけ筋膜リリースを愛して病まないのか!!?

と言うことを改めて再確認。

何故なら、やっぱり私もそうだったから(笑)

ただでさえ、日常を生きているだけでも全てが筋膜リリースへの確信へと繋がるのですが、

映画を観てもやはり、例外なく繋がるようです。

私たちの協会 Fascia!! のスローガンは、

サスティナブルに生きて、はたらく。

戦後からこれまで【普通】【一般的】【安定】とされてきた生き方や、それに伴う働き方が大きく変化している今、

自分は、

どう生きるのか?

せっかく生きるのなら、どんな風に生きたいか。

どんな生活を送りたいか?

どんな感情になり(触れ)たくて生きているのか?

そんなことが強く問われていますね。

または、

最近、

なんか、変えたい。

モヤモヤする。

決断ができず、直ぐに考え込んでしまう。

こんな↑風にココロのざわつきを感じている方も多いのではないでしょうか?

ところで、私が映画の中で一番泣き、心打たれたのは最後のシーンですが、

主人公が本当に大切なモノに気づいて、家族でほほ笑むシーンでした。

何故なら、先週同じようなことが実際にあったのです。

私は息子を連れて実家に帰省し、久しぶりに姉と姪と両親と楽しい夜を過ごしました。

子供たちがふざけ合いながら笑い、それを見ている両親が笑い、、、、

そして、そのシーンを見ている私たちは言葉では言い表せないほどの幸福感を感じていました。

ありがとうございます。

神様、仏様、全てのものに感謝します。

私は今、幸せです。

そう、心の中で何度もお礼を言っていました。

そして、

今までずっと応援してくれている家族みんなに恩返しをする。

筋膜リリースのあるライフスタイルを日本中のみんなに届けて、

その人がその人らしく、心の奥から沸き上がる幸福感のを感じる日々、人生を過ごせるお手伝いをする。

こんな風に、決意を新たにしたのでした。

私のはたらく理由、エネルギーはここ↑にあります。

筋膜リリースは、ただのコリ解消ツールではありません。

人はカラダがゆるむと、ココロも自然とリラックスしていきます。

リラックス状態にいないと、未来について前向きに考えたり、日々の幸せを感じる余裕はなくなっていきます。

リラックスと聞くと、能動的で積極的な超ポジティヴなイメージを持つ方は少ないかもしれません。

でも、リラックスこそ、全てのスタートラインなのです。

カラダがガッチガチの状態で、優しい気持ちでいられますか?

疲れを感じている状態で、イライラせずにいられますか?

肩や首が凝っている状態で、身軽に動き出せますか?

答えは、NOですよね。

だからこそ、今もこれからもずっと、

 

あなたがあなたらしく、幸せを感じながら生きて、はたらき続けるためには、筋膜リリースセルフケアが必須になると確信しています。

 

一度、リラックス状態にあるときのご自身を体験していただきたいのです。

 

筋膜リリースクラスの後、あなたの生活に戻ったときに沸き上がってくる感情や感覚、身軽さ、ココロの余裕。

継続こそ大きな変化を生みますが、一度の体験でもその理由やきっかけとなる予感は十分、感じていただけると思います。

ご興味ある方、是非ご参加ください。お待ちしております!

CONTACT

  • 〒104-0016 東京都中央区銀座6-13-16
    銀座Wallビル UCF 501
  • 050-3637-5679
  • info@fascia.tokyo