時代の波に乗る!この春、”サスティナブルに生きて、はたらく”大人になる。

時代の波に乗る!この春、”サスティナブルに生きて、はたらく”大人になる。

2018年3月4日

これからの時代を生き抜く新常識。筋膜リリースセルフケアの世界とは

みなさんにも馴染み深い言葉となりつつあるライフハックやマインドフルネスという言葉。
あなたも一度は耳にしたり、調べたり、そんなジャンルの本を読んだりしたことがあるのではないでしょうか?
※「ライフハック」
→仕事の質や効率。生産性を上げるための工夫や取り組み
「マインドフルネス」
→”今、ここに集中すること”で、生産性やパフォーマンス、幸福感等を上げること等
これらの言葉が世に出回るようになったのは、ただ単に「仕事の生産性を上げたい」「パフォーマンスを上げたい」という結果を得たいのではなく、
これからの時代は、
・仕事の生産性を上げた先にある生活、人生をどう生きるか。
・マインドフルネスな状態にあることで見える生活、人生をどう生きるか。
↑が重要視されるようになったということではないでしょうか。
今回はこのことについて、
筑波大学の助教授でありメディアアーティストの落合洋一さんの本『超AI時代の生存戦略』と、『筋膜リリースセルフケア』を並べて考えてみました。
まず、
落合陽一さんの本では、以下の様に語られています。
(要約させていただいております)

———————————————————————-

「ワークライフバランス」はもう古い。

これからは、「ワーク”アズ”ライフ」だ。

24時間、どこにいても仕事ができる時代に突入したことで、

仕事と生活の区別ができなくなったいま、なるべくライフとしてのワークにすることが大切。

つまり、”余暇のようにストレスレスな環境で働ける環境を整えていくことが重要である”

“これからは「ワーク”アズ”ライフ」、つまり人生の価値を仕事と仕事以外の両方で生み出し続ける方法を見つけられたものが生き残る”

———————————————————————————–

大大大大納得。
私たちの筋膜リリースクラスにも最近、「マインドフルネス」や「ライフハック」を目的として参加される方が増えています。
ご予約をいただく度に、
(みなさん、働く時間とその他の時間を区別せず”自分の人生”というホールで見てるんだなぁ)
と感じます。
私が会社員だった6年前までは、「アフターファイブ」という言葉がまだよく使われていて、
・仕事を早く終わらせて、遊びに行く!
→その時間で日頃のウップンや、ストレスを解消する。
・1日の時間を切り分けて、仕事とは切り離した時間(習い事や資格試験の勉強)を充実させる。
→この時間で仕事を忘れて趣味に没頭したり、転職するための準備をする。
つまり、仕事と私生活は別物として考え、正に会社からも「ワークライフバランス」を大切にしなさいと言われる、そんな時代でした。
でも、今はどうでしょうか?
働き方も多様化し、社会情勢も大きく変わり、仕事と生活を切り離すのではなく、
落合さんが言うように「ワーク”アズ”ライフ」として人生をホールで捉えることが大切になっていると言えます。

でも、だからと言って、

突然今の仕事を辞めて転職したり、働き方を変えたいと企業相手に訴えるのは難しいですよね。

転職して直ぐにやりたいことがあるなら、
会社に求めて聞き入れてもらえるのなら、良いですが、現実的には厳しいこともあります。
ならば、今すぐ私たちができることは、落合さんの本にも書かれているように、
いかに、ストレスレスに生きる(働いて生活する)か。
私たちのスローガンで言うなら

いかに、サスティナブルに生きて、はたらくか。

です!

そこで、私たちが確信をもっておススメする方法が、

筋膜リリースセルフケア

なのです。

カラダに疲れや、コリ・痛みがある状態では、ストレスレスな状態とは言えません。

もちろん、サスティナブルに働くこともできません。

快適なカラダ=器があって始めて、快適なマインドで生きることが可能になります。
筋膜リリースセルフケアのクラスでは、専用のボールを使用し、薄暗い空間の中で丁寧にカラダを緩めていきます。
コリが改善して再び血が巡り出すと、内側からじんわり温まっていき、
カラダの内側にスペースが生まれることで、呼吸が深まってリラックス状態へと誘われていきます。
更に、セルフケアの素晴らしい点は、

自分で自分を癒すことが出来る

と、いうこと。

クラスではリラックスできても、次の日から普段の生活に戻ると、また、知らず知らずのうちにリラックスの感覚が失われてしまう…
では、意味がありません。
セルフケアなら、毎日空いた時間で、たった5分で、自分を自分で癒すことができます。
それも、ほぼ寝たまま。
AI化、情報化が更に加速していくこれからの時代を幸せに生き抜くには、筋膜リリースセルフケアが必需品となっていく。
そう私たちは確信しています。

これからの時代をあなたらしく、幸せに生き抜くためにも、

筋膜リリースセルフケアの新習慣

始めませんか?

是非一度、ご体験ください。

CONTACT

  • 〒104-0016 東京都中央区銀座6-13-16
    銀座Wallビル UCF 501
  • 050-3637-5679
  • info@fascia.tokyo