筋膜リリース的’マインドフルネス‘体験

筋膜リリース的’マインドフルネス‘体験

2018年2月10日

筋膜リリースだからこそ感じることができる、マインドフルネスの世界♡

マインドフルネスって何でしょうか?

スティ―ヴジョブズ氏や、名だたる企業がこぞって習慣にしている‘’マインドフルネス’’

調べてみると、どうやらいいらしいことはわかる。

仕事の効率が上がったり、幸福度が上がったり、パフォーマンスがアップしたり、、、

やりたい!

是非とも。と思いますよね。

でも一体どうすればいいんだ?

何が正解で、どんな状態をマインドフルネスな状態と言うのだろうか?

 

そんな風に感じる方も多いのではないでしょうか。

実は私たちのクラスには、マインドフルネスの要素を求めて来られる方は結構多いです。

なので、本日のテーマはここに絞って、全身で体験していただくことにしました。

マインドフルネスとは、『いま、ここに集中すること』

↑こんな風に訳されることが一般的ですね。

インターネットで調べてみると、その領域で有名な方はこんな風に表現されていることがわかりました。

「今、この瞬間に偏った価値判断を加えることなく、意図的に、能動的な注意を向けること。そしてそこから得られる気づき。」

ん~益々難しい(笑)

その後にこんな要約も追記されていました。

「今やっていることにものすごく集中して、いつものことを、いつも以上に感じ取ること」

うん!!

これなら、筋膜リリースにピッタリ繋がります☆

何故なら、筋膜リリースも、カラダにボールを当てたその感覚に意識を向けていき、その中で沸き上がる感情や気づきを受け取っていく作業なので。

そしてもう1つ、マインドフルネスな状態に必要不可欠な要素があります。

それは、リラックス。

ヨガの8支則(ヨガの中で定められている8段階あるステップ)でも、ポーズをとることでカラダを快適な状態に整えて、呼吸法で精神状態を整え、五感を制御したその先にやっと集中状態が訪れるとされています。

つまり、カラダにコリやそれに伴う痛み、冷えや強張りなどがある状態ではリラックスして今に集中することなんでできないってことなんですね。

ってことは、

薄暗い空間の中で、BGMに浸りながら、カラダの各所にボールを丁寧に当てていくと…..

カラダが内側からじんわり温まり、コリが解け、その変化に意識を向けているうちにいつの間にかお喋りだった思考が静かになっていき…リラックス状態へ。。。

そして最後にシャバーサナで完全休息の時間を迎えたとき、正に「マインドフルネスの頂点」とも言うべき体験・体感が訪れる、ということになります。

もちろん、カラダにボールを当てている瞬間瞬間も、今ここに集中しているマインドフルネスそのもの。

筋膜リリースでは、その両方を感じていただくことがきる流れになっています。

本日は座禅マスターの男性もいらっしゃっていたのですが、最後に感想を伺うと、

「とっても気持ちいいですね!

最後落ちそうになりました。」

と嬉しい言葉をいただけました。

落ちて、いいのですよ♡

百聞は一見に如かず。

ご興味がある方は是非是非、まるで深い眠りに入ったような意識がなくなる不思議な体験をしに、いらしてくださいね。

CONTACT

  • 〒104-0016 東京都中央区銀座6-13-16
    銀座Wallビル UCF 501
  • 050-3637-5679
  • info@fascia.tokyo